ゴミ捨ては計画的に!

大げさにいうと引越しは人生のターニングポイントでもありますね。
そこまで大げさでなくても何らかの転機だとおもいます。

 

そのターニングポイントに付いて回るのが、荷物の整理をする時に大量に出てくるゴミです。

 

整理の難しいところ

部屋の荷物をまとめる際、

  • いるもの
  • いらないもの

に分けるのはもちろんですが、厄介なのは押入れや本棚の奥、引き出しの底などから出てくる、大量の過去の遺物です。

 

ほとんどが存在すら忘れていたものです。

 

中にはずっと探していたのにあきらめていた物、というのが出てくることもありますが、学生の頃のアルバムや昔の恋人との思い出などが出てくると困ります。

 

いちいと思い出にふけってしまったりして、なかなか荷物の整理が進まなくなるのです。

 

これが荷物の整理を難しくさせる原因の一つだと思います。
特に実家を出る時の引越しですね。色々と出てくるので気をつけましょう!

 

二度三度と経験すれば、恥ずかしい物はまったく出てこなくなりますけどね。

 

ゴミの日を計算しよう!

きちんとゴミ捨てしていかないと、部屋が足の踏み場もないほどに、大量のゴミの山に埋もれてしまうことになります。

 

ゴミの山に埋もれないように

 

でも、引っ越しの前日とかにまとめて捨てる訳にはいきません。

  • 燃やせるゴミ
  • 燃やせないゴミ
  • 資源ゴミ

は言うまでもなく、一週間のうちに捨てられる日が決まっているからです。

 

さらに、粗大ゴミに関しては、役所もしくは業者に連絡をしないと取りにきてもらえません。
もちろん有料です。

 

有料と言っても捨てられればOKで、引越し繁忙期などは、粗大ゴミ回収の予約が一杯で、「旧居では粗大ゴミを捨てられなかった!」なんてことも起こりうるからです。

 

できれば1ヵ月前くらいから、きちんとゴミをまとめていき、計画的に出していきましょう!

 

リサイクル料がかかる家電は粗大ごみでも無理

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン
  • テレビ

といった大型家電を、引っ越しを機に買い替えよう!なんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

その際、上記のものに関しては、粗大ゴミでは捨てられず、処分にはリサイクル料金を含め処分費がかかってしまいますので気をつけましょう!

 

業者に買い取ってもらう選択肢

製造年から5年以内であれば、リサイクル業者などに買い取ってもらえる可能性もあります。

 

まずはインターネットで買い取り業者さん探してみましょう!
自宅まで取りに来てもらうことを考えると、なるべく近い業者さんのほうが気兼ねすることもないかと思います。

 

良い業者さんを見つけたら、早速メールで見積もり依頼!
この時、

  • 出張費はかからないか、
  • リサイクル料金はどれくらい引かれるのか
  • 取り外し工事を要する家電の場合、費用はかからないか

などを確認しておくことを、強くお勧めします。

 

買い取り当日、買い取り額のトラブルを避けるためです。
多くの業者さんはその場で現金を渡してくれます。

 

お互いに気持ちの良い取引にしたいですね。

 

パソコンの廃棄も難しい

パソコンも上記家電と同じで、粗大ゴミでは無理です。
メーカーや電器店に依頼して、有料回収してもらうことになります。

 

粗大ごみや家電に関しては、捨てることすら難しい時代ですので、甘く考えないように、時間に余裕を持って取り組んでいきましょう!


価格ガイドサカイとアリさんが最大 半額!