管理人について

私はもともと青森県の出身ですが、主人の転勤をきっかけに結婚をして青森県から脱出することになりました。
そして結婚して住むことになった転勤先は「福岡県久留米市!」

 

青森県の田舎者が、旅行でも行ったことのない暖かい九州へ。
住んでからは、方言・食べ物・虫のサイズなど、同じ日本と思えないカルチャーショックでした。

 

そんな南の国で暮らすこと約5年、残念ながら子宝には恵まれなかったので、主人と二人暮らしを満喫していました。
パートしたりですっかり地元personのようになっていたところに、とうとう、次の「転勤」の辞令が下りたのです。

 

引越し先は東京八王子

場所は東京八王子。時期は6月中ごろだったと思います。
学生のころ、東京に住んでいたとはいえ約25年前の話ですからほとんど未知の世界。

 

そしてちゃんとした引っ越しを、自分自身でするのも始めてとういうことになるので不安要素満載でした。
他の方は引っ越しすると決まったら何から始めるかわかりませんが、私たち夫婦は転勤が決まってすぐにしたことは転勤先の部屋探しです。

 

主人が新勤務地の八王子支店の人に協力してもらって「良さそうな物件の情報を数件FAXでもらって、その中で希望に近いものを、引き継ぎのあい間に主人だけが見に行く」のスタイルだったので、新住居を探す苦労は私はまったくありませんでした。

 

しいて言えば私の希望は間取りは3LDKで、社宅の補助の範囲内であれば問題なしでした。
本当に新居については数件のFAX物件を見て、値段や間取りに意見する程度だったと記憶しています。

 

主人はすぐに引き継ぎに行かなければならないとのことで、とりあえず使わないであろうものを、出来るだけ段ボールに詰め込んでから引き継ぎをしに東京へ向かいました。

 

転勤辞令が下りてから1週間くらいで、私は一人暮らしになりました。
転勤に伴う一人暮らしは約3週で、引っ越し準備はほとんど一人でやったと言っても過言ではないと思います。

 

逆に言うと、引っ越しまで3週間あったので自分の好きなように準備が出来るな〜と思いました。

 

ネットの引っ越し準備サイトを参考にして、あれこれなにからやろうか考えました。
これからお話しする内容は、すべて主人抜きの私だけで対応した内容になります。

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから!

当サイトの管理人へ、ご意見や連絡することがある場合は以下のメールフォームをご利用ください。
【メールフォーム】
基本的には数日以内に返信させて頂きます。