ダンボールと粗品のお米

サカイ引越センターと契約書を交わし、少し談笑をしてからサカイの営業マンさんが「社用車に若干の引っ越し用段ボール箱と、粗品があるので持ってきます」と言って出て行きました。

 

私はその間、「金額交渉言ってみるもんだなぁ」などと思いながら、どこから片付けるか、どこから連絡するかなどノートにでも書こうと考えました。

 

ダンボールと粗品のお米

そうこうして戻ってきたサカイの営業マンさんが持ってきたのは、若干の段箱ボールっていうより、思ったより多くの段ボール箱でした。

 

ダンボール

 

また粗品は3キロの福島産のお米。
当時震災後の6月だったので、「これは震災前に収穫したコメです」と言っていたのが印象的でした。

 

引っ越しの他にサカイでお手伝いできることは、

  • 自家用車運搬会社の紹介
  • エアコンの取り外しと、引っ越し先での取りつけ

という説明もありました。

 

「こちらはすべて別料金です。直接業者と交渉してください」と言われました。
今手元に自動車の運搬に関しての書類が残っていたので見ていたのですが、我が家は2010年10月に新車で買ったエクストレイルに乗っていました。

 

その運搬量が6万円と記載されています。
福岡から東京まで、船での移動とはいえ今見ると安く感じました。

 

当日は別スタッフ

「引っ越し日の朝7時30分くらいにトラック1台と3名の作業員でで来ます。
自分は営業だけなので、詳細はドライバーや運ぶスタッフと打ち合わせしてください、」
と言い残し、肩を落としてフェイドアウトして行きました。

 

そりゃー自信満々の40万円から24万になったら、私の引っ越しの契約取ったからって営業成績上がらないよね・・と少しだけかわいそうだと思いました。

 

パンダの絵が入ったダンボール

その日はもう夕方だったので、特にアクションは起こさず、持ってきてもらった段ボール箱にすぐには使わないようなものを少しずつ入れ始めました。

 

段ボール箱が異様に小さく感じたのですが、後から友達に聞いたら大きくて重いと、運ぶスタッフさんが大変だし箱が破けたりとトラブルがあるからだそうです。

 

かなり値引きしてもらったから、大きい段ボール箱はもらえないのかと勝手に思ってしまいました。

 

サカイ引越センターの段ボール箱は、こぶりでパンダの絵が書いてあり可愛かったです。
中身の内容を書くところにはもちろん内容のものを記入し、おまけでパンダの顔にまつ毛やほっぺを書いて楽しみました。

 

しかし後々準備をしていく段階で思いましたが、大きい箱も必要です。

 

衣類など、そんなに重くならないものは、大きい箱にがばっと入れてしまいたい!という衝動にかられました。
ふだんから、宅急便やネットショップで買った時の大きい段ボールは保存しておくべきだと思いました。

 

サカイさんとアリさんへの一括見積もりはこちら!


価格ガイドサカイとアリさんが最大 半額!