梱包のコツ

私は、一つの部屋を綺麗に掃除したら、そこに荷物や段ボールを置いて詰め込んでいきます。
まずは部屋がすっきりしないと、梱包を始める気にもならないと思うのが人間です。

 

ダンボール

段ボールは業者から貰えました。
引っ越し業者で貰える段ボールの数や質に差はないです。

 

貰ったら当分使う予定のない物から詰めます。

 

冬であれば、

  • 夏や秋用の服
  • 趣味の物
  • 書籍

などは先に入れてしまい、ひとまず押入れに閉まっておきました。
最低限の生活ができる物だけを残しておけば、後は引っ越す直前に詰めるだけです。

 

梱包のノウハウ

 

引っ越しの前前日くらいから、掃除を兼ねた最後の荷造りを始めます。

 

買い物はしないようにして、冷蔵庫は空っぽにしました。
服は2日分くらい出し、後は梱包します。布団は当日の朝に圧縮袋に入れました。

 

ダンボールが足りない場合

業者からもらった未使用の分で足りない場合は、使用後の段ボールをサービスしてくれます。
これは、大抵の業者でやってくれますと思いますよ!

 

荷物を入れるコツ

重いものは箱いっぱいに入れると底が抜けるので余裕を持ち、書籍は小、衣類は大などジャンルごとに箱のサイズを決めておくと積み重ねるときに便利です。

 

梱包はできるだけ編み目の細かい丈夫な段ボールに壊れ物を入れましょう。
編み目の弱い物は壊れ物に適していませんので注意が必要です。

 

プランによってはダンボールへのも荷造りもやってくれる業者もあるそうですが、やはり割高になります。

 

自分でやるにしても、ある程度大きさの安定したダンボールを使ってわかりやすく運ぶのが一番よかったです。

 

食器類

食器などは食器と食器の間に挟む厚紙を業者さんがくださるので、そこにザクザクいれていきました。

 

当日使うもの

ここで重要なことは、退居してから使う物を別のカバンに入れて持ち歩くことです。
財布・ケータイ・鍵などは移動に必須ですので、間違って梱包しないようにしましょう。

 

ゴミ

引越しで意外と時間と手間取るのが粗大ゴミの処分です。

 

パソコン

パソコンを保護する専用の袋みたいなものはないようです。
基本は毛布のようなものに包まれます。

 

毛布なら安心と思ってすべての荷物をトラックに積み終わった配送員のお兄さん方を見送った後、新居へと向かいました。

 

問題は引っ越し完了後に起こったのです。
これくらい片付ければ今日は寝れるかな・・・と一安心して最後にパソコン本体に巻いていたエアパッキンをはずしました。

 

ケースにひっかきキズみたいな痕がついてる!
・・・どうやら本体をトラックからおろす際に毛布を剥いだためにできたキズのようです。

 

新居へ荷物を運び終わった際、「何か問題はありませんか?」と聞かれましたが、その時は何もなかったため「大丈夫です」と言ってしまったのです。

 

それにケースだけだし・・・とパソコン自体に破損等の不備はなかったため引っ越し業者さんにはその後伝えていません。

 

皆さんもお引越しされる際は、パソコンのデータはもちろんですが周辺機器にも問題がないか細かいところまでチェックをして下さいね!


価格ガイドサカイとアリさんが最大 半額!