色々あったけど2時間半後にトラックが出発

電球を買って戻ってきたサカイ引越センターの荷物運びの男性。。
同僚に「最初っからちゃんとはまってなかったんだよ。俺のせいじゃないんだよ」と捨て台詞。

 

それくらい素直に認めればいいのに・・・

 

私にはちゃんと聞こえましたので、引っ越し後のアンケートで、そのことはしっかり書かせてもらいました。
しかしアンケートのハガキが小さすぎて、ちゃんと説明したい私には書く欄が少なすぎました。

 

とはいえ、値引きの件でサカイさんは気に入ったので、次の引っ越しの際にも使わせてもらうかもしれません。
なのでアンケートの記入欄は大きくしてください、とどこかで言おうと思っています。

 

サカイさんについて

 

引越し作業員はやっぱりアルバイトが多い?

また若干のグチを言わせてもらえば、電球を割った男性以外の二人は、まるで借りてきたアルバイトさん?
という感じでボケっと立っていて支持されるのを待っている感がありました。

 

引っ越し業者はアルバイトが多いと聞いたことがありますが「まさにこれだわーー」と思わされる場面が何度もありました。

 

しかしながら、引っ越し中破損したものは、破損した本人が自腹で弁償するというのは普通のことなんでしょうか?

 

仕事柄、壊してしまうことは無きにしもあらずのことですからその都度自分で弁償していたら、大変ではないでしょうか?
という疑問がありました。

 

ようやく出発

2時間半くらいで荷物を全てトラックに乗せて、やっと出発出来る環境になりました。
約5年住んだマンションは荷物を出したら、とても広く感じて少しさびしい気持ちになりました。

 

最終チェックで、どこにも忘れ物がないか確認をして、サカイ引越センターの久留米での業務終了書類にサインをしました。

 

と、そこにさっきの電球を割った男性が「経費節約のため、私自身が八王子まで運転します」と言ってきました。

 

言ってる意味がよくわからないけど、多分40万円が24万円になったから荷物をトラックに運ぶ人と、福岡⇒東京間のドライバーを一緒にしなければいけなかったってことだったのでしょうか?

 

よくわからないまま「ありがとうございます」と言って、その場で作業が終るのを待っていた不動産屋さんに、部屋の確認をしてもらい私は足早に友達に会うために待ち合わせ場所に急ぎました。


価格ガイドサカイとアリさんが最大 半額!